糖質制限ダイエットも継続が命

糖質制限ダイエットも継続が命

糖質制限ダイエットも継続が命

糖質制限ダイエットというのは、ご飯や麺類などに含まれる「糖質」を制限することによって体重を落とすダイエットです。

 

 

たとえば、お肉とチーズをたっぷり食べて○○kg痩せました、という謳い文句がありますが、お肉やチーズには糖質があまり含まれていないので、糖質制限ダイエットになります。糖質制限ダイエットというのは、まだ科学的に効果があるのかどうか決まったわけではありませんが、効果がとても大きく出る人と、あまり合わない人がいるので、合わないと思ったら無理してやらないでくださいね。

 

 

というのも、要するに一日三食食べるときの主食にあたるご飯・麺類・パンを抜いて、それ以外の糖質のないお肉・魚・チーズや野菜を食べ続けるということですから、ご飯類が好きな人にとってはなかなか耐えがたいものでしょう。さて、糖質を制限することでなぜダイエットになるのか疑問に思う方も多いでしょう。たくさん書籍が出ていますが、簡単に説明すると、食事に含まれているビタミンや炭水化物などいろいろな成分がある中で、糖質が一番体重増加に関わる成分なんだ、という研究があったことが発端です。

 

 

それからというもの、糖質制限ダイエットに関する研究が、海外でも日本でも盛んに行われました。また、国内でも主に新書などで糖質制限ダイエットに触れられたものがたくさん発売されました。もし興味があれば手にとってみてください。さて、糖質制限ダイエットのコツはご飯などの糖質をとらないことですから、当然「食べた感」のようなものが薄く、そこをなんとかやり過ごせるかということにかかってきます。元々、糖質のある食べものをあまりガッツリ食べる方ではなく、お肉や魚の方が好きだ、という方にこのダイエットは向いているのかもしれません。

 

 

また、ご飯や麺類、パンの類を絶食するまで極端なものでなくとも、いつもよりご飯・麺類・パンの糖質がある主食の分量を減らすだけでも、効果があると言われています。どれくらい減らせば良いのかは、本人の気分次第で良いでしょう。バランスよくスケジュールの整ったダイエットというのも理想的ではありますが、そもそもダイエットというのは本人が楽しんで、苦痛があまりないようにやらなければ続きません。

 

 

ダイエットは継続こそが命です。糖質制限ダイエットも例外ではなく、1ヶ月以上の継続は必要だとされています。糖質制限するんだ!とあまり意気込まなくとも、そういう考え方もあるのか、とご飯・麺類・パンを普段の食生活からちょっと減らすだけでもちょっとした効果が得られるかもしれませんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ